<< 「できること」がない。。     Darkest Hour >>